第53回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会

ご挨拶

  • 第53回日本整形外科学会
    骨・軟部腫瘍学術集会
  • 会長石井 猛
  • (千葉県がんセンター 整形外科)
会長:石井 猛 写真

第53回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会を2020年7月16日(木)・17日(金)の2日間、ロイトン札幌にて開催いたします。伝統ある本学術集会を千葉大学整形外科教室の応援のもと、千葉県がんセンター整形外科で担当させていただくことを大変光栄に存じます。

メインテーマは「すべては患者さんのために:Everything for the good of the patients」といたしました。自分は1994年より現在の千葉県がんセンターに赴任し、舘崎愼一郎先生のもとで、単に病気を治すのみでなく、患者の自己決定権を尊重したインフォームドコンセント、教育、就職、結婚など、トータルケアの重要性を指導されました。患者さんのために何でもできる限り行うことを信条にして今まで診療にあたってきました。骨軟部腫瘍を担当する医師は整形外科的知識のみならず、病理組織検査、放射線治療などの広い知識も必要と考えております。さらに医師以外の多職種で多様な面で患者さんを支えることも大切であると考えており、本学会でもリハビリテーションのスタッフや看護師さんの発表が可能なセクションを用意する予定です。

骨軟部腫瘍は一般の整形外科医にとっては、やや苦手意識を持たれがちですが、小児・AYA世代の肉腫診療、超高齢者肉腫治療、癌腫ごとの骨転移治療、脊椎転移固定術の適応、良性骨腫瘍治療の課題、重粒子線治療の長期課題、肉腫患者ゲノム医療、がんロコモなど臨床的な問題を多くとりあげます。また、症例検討も臨床的に教育的な症例を中心とし、骨軟部腫瘍専門医、病理の先生以外の一般整形外科医の方々にも、十分に興味のもてる学会といたします。研修医の先生がたに対しても、骨軟部腫瘍特別研修会の他にも骨軟部腫瘍の基礎的な知識が学べるセッションを用意いたします。さらに会場数をできる限り少なくして、会員の方々が実際に発表を聞きやすい環境を整えたいと思います。

会場については東京オリンピックが重なっており、関東では会場がなく、気候がよい札幌を会場として選びました。ロイトンホテルはコンパクトで比較的交通の便もよく、容易に美味しい海の幸等を提供するお店にたどり着けます。たくさんの会員及び多職種の皆様の参加をお待ちしております。

事務局

  • 千葉県がんセンター 整形外科
    事務局長 米本 司
  • 〒260-8717
    千葉市中央区仁戸名町666-2
  • TEL:043-264-5431

運営事務局

  • 株式会社コングレ内
  • 〒102-8481
    東京都千代田区麹町5-1 弘済会館6階
  • TEL:03-5216-5318
  • FAX:03-5216-5552
  • E-mail:joa-tumor2020@congre.co.jp