日本臨床麻酔学会 第39回大会 The 39th Annual Meeting of the Japan Society for Clinical Anesthesia

演題登録(一般演題)

こちらは一般演題の登録ページです。事務局からご講演をお願いしている方は、後日別途ご案内いたします。

演題登録期間

2019年4月25日(木)~6月20日(木)正午

6月27日(木)正午

演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

利益相反開示について ※登録前に必ずご確認ください。

演題応募に際し、筆頭演者及び共同演者の利益相反の有無をUMIN上にてご登録いただきます。演題応募日を基準として過去3年間について開示をしてください。開示すべき利益相反がある場合のみ、以下の申告書をダウンロードの上、日本臨床麻酔学会事務局へメールもしくはFAXにてお送りください。開示すべき利益相反が無い場合は、メールもしくはFAXでの送付は不要です。

申告書送付先:日本臨床麻酔学会事務局

E-mail: jsca-head@umin.ac.jp

FAX: 086-231-0565

開示すべき項目及び基準額

1. 役員・顧問職 企業や営利を目的とした団体(以下、企業等、という)の役員、顧問職の有無。1つの企業等から、年間100万円以上の報酬を受け取っている場合
2. 株式 1つの企業等の株式から、年間100万円以上の利益を取得した場合及び当該発行済株式数の5%以上保有している場合
3. 特許権使用料 年間100万円を越える場合(1企業あたりの金額)
4. 日当・出席料・講演料等 年間100万円を越える場合(1企業あたりの金額)
5. 原稿料 年間100万円を越える場合(1企業あたりの金額)
6. 研究費 1つの臨床研究に対する総額が年間200万円以上の場合
7. 奨学寄付金(奨励寄付金) 1名の研究責任者に対する総額が年間200万円以上の場合
8. その他 年間30万円以上の贈答(研究とは直接無関係な旅行、贈答品等)

対象者および対象

  • 日本臨床麻酔学会第39回大会における、すべての発表・講演に、利益相反関連事項への記載が必須になります。
  • 報告対象となるのは、筆頭演者及び共同演者です。
  • 申告すべき対象は、発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体との関係についてです。

発表に際しての利益相反開示項目

  • 当日、発表の際に、ポスター発表者は最初もしくは最後の部分に掲示してください(必須)。
  • 演題応募日を基準として過去3年間について開示をしてください。
  • 該当する開示事項がまったくない場合は「該当なし」にチェックしてください。
  • 開示内容に関しては、プログラム集・抄録集には記載されません。

応募資格

演題における発表者および共同演者は日本臨床麻酔学会会員(年会費納入済みの方)であるか、または「会長より特別に講演を依頼された方」に限ります。該当条件を満たされていない方は、入会の手続きをお取りください。なお、2019年7月31日(水)までに、共同演者を含めてご入会手続きをお済みでない場合は、応募演題を採用できませんのであらかじめご了承ください。

大会において演題関係者になる初期臨床研修医、外国人留学生の方は必ず準会員の登録を事務局に申請してください。初期臨床研修医、外国人留学生の方はその期間、準会員となり、会費無料となります。

入会のご案内、会員番号等お問い合わせ先

日本臨床麻酔学会

入会のご案内:http://jsca.umin.jp/about_us/join.html

お問い合わせ先(学会事務局):http://jsca.umin.jp/executive_office/index.html

抄録作成に関しての注意(字数、その他制限)

  • 文字数制限を越えますと登録ができませんのでご注意ください。
  • ローマ数字(I、II、III)、○付き数字(①、②、③)、半角カタカナは使用できません。
  • 図表は使用できません。

【文字数】
演題名:全角50文字以内
抄録本文:全角500文字以内

【共著者】
所属機関:4施設まで
氏名(発表者・共同演者併せて):8名まで

各種規定等

  • 「プライバシー保護ガイドライン」、「ヘルシンキ宣言」、「倫理綱領」などの倫理的問題の遵守については、演題登録ページ内でご回答をお願いします。
  • 演題は、募集締め切り日時点で未公表のものに限ります。未公表とは、次の両方を満たしている場合とします。
    • 論文が雑誌で出版されていない。
      (雑誌掲載前のオンライン上で論文が掲示されている場合も含む。)
    • 国内外の学術集会およびISDN付き出版物において未発表である。
      (抄録集のような形で、研究内容の照合が可能な学会発表がされていない場合は未発表とします。発表の対象には電子媒体を含みます。)

    ※投稿締め切り後から学術集会開催日までに、投稿演題が論文発表または雑誌等で出版された場合は、ポスターに投稿締切後に発表・出版された旨を明示することを条件に発表を認めます。

    注1) 一部の研究内容を含む、あるいは検討症例数が異なるなどは同一の研究とはしません。また、シンポジウムなどで既に発表済みの研究成果を発表することも可とします。

    注2) 二重発表であっても研究内容を周知、討論する意味において、本会で発表する価値があると考える場合は、抄録中に二重発表であることを明記の上、登録することを許可します。採択の判断は、内容を精査の上、査読者および学術委員会で最終決定します。明記なく二重発表を行っている事実が認められた場合は違反発表とみなしますのでご注意ください。

演題の確認、修正

演題登録後は、「確認・修正」ボタンより、登録番号とパスワードを用いて登録内容を必ずご確認ください。締切前であれば抄録の変更が可能です。「確認・修正」ボタンより、登録番号とパスワードを用いてログインしてください。

※登録番号とパスワードは必ず控えておいてください。
パスワードは事務局で確認することができませんので、ご自身で管理をお願いします。

演題の受領通知

登録番号の発行をもって演題登録の受領通知といたします。

演題の採択通知

演題の採否通知は、演題登録の際に各自に入力されたE-mailアドレス宛に、後日お知らせしますので正確に入力をお願いいたします。

演題カテゴリーについて

ポスター発表にて採用された場合は、発表時間に遅れることのないよう必ずお越し下さい。

「39.研修医発表」は初期研修医の方のみご登録いただけます。
医師1~2年目の初期臨床研修医を対象とし、他の一般演題と同様に症例報告、臨床研究を報告する場として用意したカテゴリーです。

01-1-1 麻酔法 全身麻酔 吸入麻酔
01-1-2 麻酔法 全身麻酔 静脈麻酔
01-1-3 麻酔法 全身麻酔 オピオイド(フェンタニル、レミフェンタニルなど)
01-2 硬膜外麻酔
01-3 脊髄くも膜下麻酔
01-4 区域麻酔・局所麻酔
02 心臓・大血管手術
03 中枢・末梢神経、神経疾患
04 小児・産科麻酔
05 高齢者麻酔
06 ハイリスク症例
07 モニタリング
08 心拍出量モニタリング
09 麻酔深度・脳波モニター
10 気道管理(挿管困難を含む)およびデバイス
11 輸血・輸液、大量出血
12 周術期管理
13 術後鎮痛・PONV
14 合併症
15 中心静脈カニュレーション
16 アレルギー
17 悪性高熱症
18 血栓・塞栓症
19 救急・集中治療
20 ペイン・緩和医療
21 神経ブロック
22 筋弛緩薬など(ロクロニウム、スガマデクスなど)
23 循環器疾患
24 血管疾患
25 呼吸器疾患
26 肝疾患
27 腎・内分泌疾患
28 血液疾患・感染症
29 褐色細胞腫
30 稀な疾患
31 内視鏡手術
32 移植医療
33 日帰り麻酔
34 薬物・薬理
35 教育(含シミュレーション)
36 医療安全・倫理
37 医療の質・医療システム
38 医療機器、コンピュータ
39 研修医発表
40 その他

演題登録 ※通常は暗号通信をご利用ください。

新規演題登録

演題登録画面(暗号通信)

演題登録画面(平文通信)

確認・修正

確認・修正画面(暗号通信)

確認・修正画面(平文通信)

ご登録いただいた個人情報は、日本臨床麻酔学会第39回大会の運営準備の目的以外での使用はいたしません。

また、ご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティを講じ、厳重に管理いたします。オンライン登録につきまして不明な点、疑問等がございましたら下記のページをご覧ください。

※オンライン演題登録システムFAQ:http://www.umin.ac.jp/faq/umin/
もしうまく利用ができない場合には、お問い合わせの前にUMINホームページで障害が発生していないかまずご確認ください。

※UMIN一般公開ホームページ:http://www.umin.ac.jp/

演題登録に関するお問い合わせ先

日本臨床麻酔学会 第39回大会 運営事務局
株式会社コングレ
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル
TEL: 03-5216-5318 FAX: 03-5216-5552
E-mail: jsca2019@congre.co.jp

ページトップ