学会事務局

東京大学医学部附属病院
リハビリテーション科・部

〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1

運営事務局

株式会社コングレ

〒103-8276
東京都中央区日本橋3-10-5
オンワードパークビルディング3階
TEL:03-3510-3701
FAX:03-3510-3702
E-mail:jspo2020@congre.co.jp

大会長挨拶

第36回日本義肢装具学会学術大会
大会長 芳賀 信彦
東京大学大学院医学系研究科
リハビリテーション医学分野 教授

大会長 芳賀 信彦

全世界で新型コロナウイルス感染症が広がり、その収束が見込めない状況です。罹患された方々の回復をお祈りするとともに、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。日本義肢装具学会会員の皆様におかれましても、様々な対応に追われていることと思います。春に予定されていた多くの学会が中止・延期・開催形式変更になる中で、本学術大会に関するお問い合わせも頂いています。事態の終息により予定通り開催できることを期待しつつ、現実的な開催形式を検討していますので、適宜このホームページでご確認下さい。

第36回日本義肢装具学会学術大会は2020年10月31日(土)、11月1日(日)の2日間、東京都文京区の東京大学本郷キャンパスで開催させていただくことを予定しています。本会が東京大学で開催されるのは、第10回学術大会を加倉井周一先生が主催されて以来になります。伝統ある本会を主催いたしますのは、私ども東京大学リハビリテーション医学教室と附属病院リハビリテーション部門にとって大変名誉なことであり、関係者に心から感謝申し上げます。

本学術大会のテーマを 「先人に学ぶ、達人に学ぶ、科学に学ぶ」 としました。義肢装具の発展に寄与した先人の偉業を振り返りながら、現代のエキスパート、そして最先端の科学技術から多くのことを学ぶことで、未来の義肢装具診療をじっくりと考える機会にしたいと思います。私は2018年11月に日本義肢装具学会の理事長に就任してから、本学会の今後のあり方、また学術大会の意義について考えてきました。本学会としては、従来の「義肢」と「装具」という狭い枠にとらわれずに、関連する領域の課題も含めて学術的に扱うべきと考えています。またこのためには、関連する団体との連携も必要です。学術大会においてもこの点を意識して、企画を考えていく予定です。また本学会ではこの数年、卒後教育の充実に力を入れています。学術大会でも会員の卒後教育に資するような内容を多く含めますが、学生を含む若手も興味を持つような内容を意識しています。これは将来の日本の義肢装具の診療や研究を担う若者を、是非学会として育てたいと考えているからです。

東京大学のシンボルマークには銀杏の葉がデザインされています。本学術大会の会場として使用する予定の安田講堂の前には、正門に通じる銀杏並木があります。黄金色に色づく美しいトンネルの見頃は、学術大会の開催時期より少し後になる見込みですが、これ以外にも赤門、三四郎池など本郷キャンパス内には見どころが多くあります。会場間を移動しながら、歴史ある本郷キャンパスの景色を堪能していただけると思います。

教室、同門等の関係者一同、全力で企画・運営に当たっていく所存ですので、一人でも多くの方にご参加頂ければ幸いです。演題登録が3月より始まり、学生演題を含めた募集の他、様々な企画を検討しております。皆様ふるっての演題応募をお待ちしております。新型コロナウイルス感染症が終息し、多くの会員が笑顔で集うことができることを期待しています。