ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 エチコン事業部

事務局

岐阜大学大学院外科学講座
消化器外科・小児外科学分野
〒501-1194
岐阜県岐阜市柳戸1-1
TEL:058-230-6235
FAX:058-230-6236

運営事務局

株式会社コングレ内
〒103-8276
東京都中央区日本橋3-10-5
オンワードパークビルディング
TEL:03-3510-3701
FAX:03-3510-3702
E-mail:jsgc2021@congre.co.jp

Innovation for Gastrointestinal Carcinogenesis ライブ配信:2021年11月26日(金)~27日(土)/オンデマンド配信:2021年12月10日(金)正午~2022年1月13日(木)正午(予定), 会場 長良川国際会議場, 会長 古田和弘 岐阜大学大学院瘍制御学講座瘍外科学教授 Innovation for Gastrointestinal Carcinogenesis

開催形態変更についてのお知らせ

この度、第32回日本消化器癌発生学会総会会長および第10回国際消化器癌発生会議会長を拝命し、“Innovation for gastrointestinal carcinogenesis” というテーマのもと、2021年(令和3年)11月26日(金)・27日(土)に岐阜長良川国際会議場で開催する事を目指して参りましたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を鑑み、本総会はWEB開催で実施させていただくことにいたしました。

緊急事態宣言および「まん延防止等重点措置」の適用が拡大されている中、今後解除された後も、県をまたぐ移動で多くの方が集まる会合は避けるべきとの判断から、バーチャルな学会が最善であるという結論にいたりました。皆様にご支援いただき準備を進めてきた様々な企画を会場にて実施できないのは大変残念ですが、WEB開催に向けさらに準備を進めて参りますので、どうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

本総会開催に当たりまして、多くの先生方から抄録をいただき、167題の発表を予定しております。International Education Lecture としては、海外から ASCO前会長の Howard A.Burris 先生、Harvard 大学 Raju Kucherlapati先生、NCI 小林久隆先生、シンガポール大学 Patrick Tan 先生にご講演いただく予定です。特別講演では、京都大学病理学の小川誠司先生および京都大学ウイルス・再生医科学研究所の河本宏先生にご講演いただく予定です。そのほか、教育講演や4つのシンポジウム、理事長直轄プロジェクト、研究奨励賞発表セッション、一般口演、ポスターセッションなど若手の研究者の皆さんが活発な議論ができる場を提供できればと考えております。会員の皆様には、開催変更など、大変なご心配とご不便をおかけいたしますが、できるだけ多くの先生方のご参加をお待ちしております。

2021年9月6日
岐阜大学大学院外科学講座
消化器外科・小児外科学(旧腫瘍外科)教授
吉田和弘

新着情報

2021.10.25
参加者へのご案内を掲載いたしました。
2021.10.15
発表者へのご案内を掲載いたしました。
2021.10.11
プログラムを掲載いたしました。
2021.09.06
第32回日本消化器癌発生学会総会および第10回国際消化器癌発生会議は、WEB開催となりました。
詳細につきましては随時ホームページでご案内させていただきます。
2021.07.30
一般演題募集を締め切りました。
2021.07.26
演題募集の締め切り7月30日まで延長しました。
2021.07.20
演題募集の締め切り7月26日まで延長しました。
2021.06.30
演題募集の締め切り7月20日まで延長しました。
2021.04.20
一般演題募集を開始いたしました。
2021.02.09
スポンサード募集要項を掲載いたしました。
2021.02.02
ウェブサイトを開設いたしました。

ページトップ