会長挨拶

第35回日本環境感染学会総会・学術集会
会長 金光 敬二
福島県立医科大学 感染制御学講座 教授


 この度、第35回日本環境感染学会総会・学術集会を担当させていただくことになりました。大変光栄に存じますとともにその責任の重さを感じています。
 2020年2月14日(金)から15日(土)の日程で、パシフィコ横浜において開催させていただく予定です。
 今回の本学術集会のテーマは「わ」とさせていただきました。少し変わったテーマかもしれませんが、環境感染と「わ」には深い関わり合いがあるように思えてなりません。
 会員の知識と経験を分(わ)かち合うことが日本環境感染学会の学術集会の意義の一つです。また、感染制御は独りよがりでは物事が進みません。感染制御を推進させるためには、院内あるいは地域での対話(わ)が求められます。本邦の感染制御は、欧米から学ぶことが多かったもののチーム医療の形態や抗菌薬適正使用などでは、和(わ)のスタイルが構築されつつあるのではないでしょうか。
 会員の湧(わ)き出る発想力で日本の感染制御がさらに発展していくことを期待しています。
 今回で本学会学術集会は第35回になりますが、学会を発展させてきた諸先輩たちも現役を退かれ世代交代が始まっています。諸先輩方から受け継いだものを未来に輪(わ)をつなげていかなければなりません。
 最後になりましたが、歴史と伝統ある本学会の学術集会として参加していただく会員の皆様に有意義な会であったと思っていただけるよう鋭意準備を進めて参ります。多くの会員の皆様の参加を心よりお待ち申し上げています。


副会長挨拶

第35回日本環境感染学会総会・学術集会
副会長 菅原 えりさ
東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科 感染制御学 教授


 この度、第35回日本環境感染学会総会・学術集会会長、金光敬二先生よりご指名いただき、副会長を担当させていただくことになりました。大変光栄なことと存じております。
 日本環境感染学会総会・学術集会は、感染制御に日夜取り組んでいる多くの医療者をはじめ、関連する企業の方々、行政の方々など多岐に渡る多くの職種が、1年に1回一同に会し、研究成果や実践成果を発表し共有し、また、新たな知識や日本や世界の潮流を学べる大切な場となっています。さらには、「感染制御」を合言葉に遠くの仲間と再会し、苦楽を語り合うのも、本学術集会のすばらしいところだと思います。
 今回のテーマは「わ」。金光敬二会長の深い思いが込められている「わ」には、他職種連携を旨とする「感染制御活動」にとって必要不可欠な基盤となる考え方であります。一方この「わ」の語感は日本人の持つ美徳をイメージさせますが、今回の「わ」はそれだけに留まらない大きな力を秘めているように感じます。つまり、「わ」から生み出される力は一人ではなし得ない何倍にも成長した力になることを実感するからです。
 本学術集会では、その「わ」の結実から得た多くの成果が発表され、議論し学び合い、各自がまた磨かれることでしょう。その力が「チームのわ」のブラッシュアップにつながればと願っております。
 2020年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催される年。多くの日本人にとって長く記憶に残る年になることと思います。第35回日本環境感染学会総会・学術集会も、東京オリパラに負けず、また「令和」初めての総会・学術集会という意味でも、有意義かつ心に長く残る学術集会になりますよう、ご参加の皆様のご指導ご支援を賜りたいと存じます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


主催事務局

福島県立医科大学 感染制御学講座
〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
TEL:024-547-1348 / FAX:024-548-6016

運営事務局

株式会社コングレ 東北支社
〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-6-1
仙台第一生命タワービルディング
TEL:022-723-3211 / FAX:022-723-3210
E-mail:jsipc35@congre.co.jp


PAGE TOP