第29回日本緑内障学会 - The 29th Meeting of Japan Glaucoma Society

そして未来へ 緑内障をつなぐ

ご挨拶

  • 第29回日本緑内障学会
  • 会長 福地 健郎
  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科視覚病態学分野 教授
会長:福地 健郎 写真

2018年の第29回日本緑内障学会を担当させていただくことになりました。新潟市で日本緑内障学会が開催されるのは、第2回(1991年)を岩田和雄教授が、第15回(2004年)を阿部春樹教授が主催されて以来、今回で3回目になります。東京、大阪以外の都市での3回目の開催、また新潟大学という単独施設による3回目の開催は、29回を数える日本緑内障学会の歴史の中でも初めてということになります。このような伝統ある学会を担当させていただくことは大変な光栄であり誇りに思うとともに、改めて歴史の重みを感じ気の引き締まる思いです。推薦いただきました日本緑内障学会理事、評議員ならびに会員の皆様に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。

本学会のテーマは「そして未来へ緑内障をつなぐ」です。今の日本緑内障学会はその母体である日本緑内障研究会の学閥を超えて議論しあうという精神を良く引き継いでいると思います。私自身、様々な機会を通して、全国にたくさんの先輩、同輩、さらに後輩を作ることができました。もちろん学会を主催する立場としての心配はありますが、反面で全国の緑内障学会の仲間、新潟大学の仲間とともにどのような学会を作ることができるのか、とても楽しみでもあります。学会のメインである須田記念講演は熊本大・谷原秀信教授に、特別講演は順天堂大神経内科・服部信孝教授に、招待講演は米国Duke大・Felipe Medeiros教授に担当していただくことになりました。シンポジウム他、プログラムの詳細については、現在、企画中です。年次学会としてのオーソドックスなテーマとともに、未来へつながる先進的なテーマのシンポジウム、また臨床的、教育的なプログラム、スタッフと共有できるようなプログラムも企画しています。平成の緑内障を総括し、さらに未来、次世代へとつなぐことができるような緑内障学会、知識をつなぐ場としてだけでなく、人と人、心と心をつなぐことができるような緑内障学会になってくれると良いと思っています。

会期は2018年(平成30年) 9月14日(金)~16日(日)です。週末は連休で会期終了日の翌日17日も休日です。新潟はおいしいお米とおいしいお酒が有名ですが、他にも枝豆や果物などなど全国に誇る食自慢の地です。また、この機会に佐渡島に足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。ぜひ学会+1日、「緑内障を楽しむ」とともに新潟を堪能していっていただければと思います。

2018年9月、皆様に新潟でお会いできるのを楽しみしております。