第29回日本緑内障学会 - The 29th Meeting of Japan Glaucoma Society

そして未来へ 緑内障をつなぐ

ロービジョン講習会

下記の通り講習会を開催いたします。申込みにつきましては当ホームページにて行います。

参加者募集のご案内

「ロービジョンケア(LVケア)を始めたいけど、何から始めて良いかわからない」と、スタートを切れずにためらってしまうことはありませんか?
 LVケアの開始に際しては、拡大鏡等の道具やLV外来の開設といった、特別な何かが必要だと思われがちですが、実は普段の外来の中にヒントがあることも!
 また、私たち医療者がスタートをためらうのと同様に、患者さんも戸惑い、初めの一歩はふみだしにくいものです。
 しかし、初めの一歩が『体験』だったらどうでしょう?「ちょっと見てみようかな?」「触れてみるだけなら」と、少し前にふみだしやすくなるのではないでしょうか。そのような『体験』が、詳しく話を聞いてみたい→『情報提供』、使ってみたい→『処方』へとつながっていくことが期待されます。初めから「何か処方を!」と急ぐのではなく、患者さんにもまずは『体験』して「見て」いただくことから始めてみてはどうでしょうか。
 本講習会は、この『体験』を中心としたプログラムになっています。参加者のみなさまに、まずは患者さんの見にくさを『体験』していただき、患者さんが日常生活において、どのようなことで不自由を感じているか、といった視点を共有しながら、LVケアとしてどのような提案が出来るかを、お伝えする予定です。
 まずは一緒に『体験』することから始めてみませんか?

開催日時

2018年9月15日(土)14:30~16:00

募集人数

30名

参加費

無料

場所

朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 2階 第5会場

申込方法

以下の申込みボタンよりお申込みください

申込締切

2018年8月31日(金)

お問合せ

第29回日本緑内障学会運営事務局
jgs2018@congre.co.jp

備考

講習会の参加には本学会の参加登録は必要ございません。
厚生労働省主催視覚障害者用補装具適合判定医師研修会とは異なりますので、本講習会を受講しても施設基準を満たすことはできません。