Facebook

がんゲノム診療 元年 ― Novel, Challenge and Change ―

会場 国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都 会長 藤原 康弘国立がん研究センター中央病院 副院長

ポスターダウンロード

dl_poster_jpn

会長挨拶

藤原 康弘

第17回日本臨床腫瘍学会学術集会

会長 藤原 康弘

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 理事長/
国立がん研究センター中央病院

このたび、第17回日本臨床腫瘍学会学術集会を2019年7月18日(木)、19日(金)、20日(土)の三日間、京都市の「国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都」において開催いたします。

2019年には、日本でも薬事承認されたがん関連遺伝子パネル検査が保険診療に導入され、“がんゲノム診療”が間違い無く本格化していることから、本学術集会のテーマは「がんゲノム診療 元年―Novel, Challenge and Change―」としました。癌腫横断的かつトランスレーショナル・リサーチや社会医学(生命倫理や医療経済など)の視点も考慮しながら実施する“がんゲノム診療”を学術集会のメインテーマに据え、ステークホルダーが将来や現状を、皆で考え議論する場を提供したいと存じます。また、メインテーマの副題である「Novel、Challenge and Change(革新への挑戦と変革)」は、我々、がんに対峙する臨床家や研究者が常に心しておくべきことと考えており、本学術集会開催にあたってもモットーとして掲げることとしました。

現在、がん医療・研究では、患者さんや社会とアカデミアとの協働が、これまで以上に求められ、また医療の国際化・ボーダレス化が加速度的に進んでいます。また、医師だけでなく、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、診療放射線技師、臨床研究コーディネーター等の様々な職種のメディカルスタッフが“患者中心主義”を合い言葉にがん医療と研究に臨んでおります。本学術集会では、メディカルスタッフや患者さん、そのご家族に向けたプログラムを例年以上に充実させると共に、Travel awardを飛躍的に増やして、アジア各国・欧米からの参加者を多数迎えての開催としたいと存じます。

ぜひ多くの方々にご参加いただき、実りある学術集会にしたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

ページトップ