第107回日本病理学会総会

2018年6月21日(木)〜23日(土)

  • English

会長挨拶

会長 笠原 正典

第107回日本病理学会総会
会長 笠原 正典
(北海道大学理事・副学長 / 北海道大学大学院医学研究院 分子病理学教室 教授)

この度、第107回日本病理学会総会を開催させていただくことになりました。札幌市での開催は札幌医科大学の佐藤 昇志会長(第102回総会)以来5年ぶり、北海道大学病理学教室がお世話するのは長嶋 和郎会長(第93回総会)以来14年ぶりです。また、今回の開催は私の恩師である故 相沢 幹先生(北海道大学)が総会会長を務められてからちょうど30年目にあたります。このような機会を与えてくださった深山 正久理事長をはじめ、関係の諸先生に厚く御礼申し上げます。

本総会では「病理学の未来を考える:伝統と革新の融合」をテーマとして,人体病理学と実験病理学のバランスがとれたプログラムを組みたいと考えています。医学・生命科学の飛躍的進歩と、ビックデータ、人工知能などの技術革新を踏まえて、病理学の未来を展望する機会にできれば幸いです。プログラムの詳細については、鋭意検討を進めているところですが、吉野 正教授(岡山大学)、内木 宏延教授(福井大学)、北川 昌伸教授(東京医科歯科大学)による宿題報告のほか、特別講演、シンポジウム、ワークショップ、特別企画などを計画しております。

北海道の6月は初夏の爽やかな天候に恵まれ、色あざやかに咲く花が美しい季節です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。