第107回日本泌尿器科学会総会

会長挨拶

市川智彦

会長 市川 智彦
千葉大学大学院医学研究院 泌尿器科学 教授

時下、会員の皆様におかれましては益々ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。

さて、2019年4月18日(木)~21日(日)の4日間、名古屋市の名古屋国際会議場ならびに名古屋学院大学におきまして、第107回日本泌尿器科学会総会を開催させていただくこととなりました。伝統ある本総会を主催させていただくことは大変名誉なことであり、日本泌尿器科学会事務局の担当者とともに鋭意準備に取り組んでおります。

一般社団法人日本泌尿器科学会は、会員数が年々増加し、腎泌尿器科学分野の基本領域学会として、現在9,000名近くの会員を擁するに至っています。総会の在り方も議論され、第110回以降では横浜、名古屋、神戸、福岡の4都市から開催地を選択することになっています。第107回はそれを先取りし、4都市の1つである名古屋で開催することと致しました。

日本専門医機構による専門研修も開始されました。日本泌尿器科学会では新制度の導入に積極的に取り組むとともに、先端的な医学研究の推進、高度な医療技術の開発と提供、優秀な泌尿器科医の育成、信頼できる地域医療の確立を目指し、国民の健康増進のため現在さまざまな活動を進めております。本学会を通じてこれらの流れを確実に次世代につなげていきたいと考えています。このようなことから、第107回のメインテーマを、「技術と心の調和:次世代への胎動」といたしました。最先端の技術に心が伴うことにより、調和のとれた血の通う医療を提供することができると考えております。調和がもたらす一種の静寂の中から、次世代に向かって進歩しようとする医療の胎動を感じられるような学術総会を目指しております。

本会会場では1週後に「医学と医療の深化と広がり~健康長寿社会の実現をめざして~」をメインテーマとして第30回日本医学会総会が開催される予定となっています。他診療科との境界領域において泌尿器科が果たすべき役割、高齢化社会に対応していく泌尿器科の在り方も見据えながら、若手医師に技術や心を伝承していきたいと考えております。

本総会では例年と同様に学術集会を3日間で行い、4日目は卒後教育プログラムビデオ講習会を開催する予定です。是非とも多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

ページトップ