エム・シー・メディカル株式会社

ミリアド・ジェネティクス合同会社

エーザイ株式会社

第109回日本泌尿器科学会総会・
第58回日本小児外科学会学術集会 Joint Session

第109回日本泌尿器科学会総会・第58回日本小児外科学会学術集会 Joint Session
「長期予後を見据えた治療方針の改善点や新たな治療戦略の提言」

第58回日本小児外科学会学術集会との共同プログラムを企画いたしました。
泌尿器科医(特に、小児泌尿器科医)と小児外科医が連携して治療・管理するべき疾患や病態についてその診断、治療、長期予後について討議し、今後の長期的な治療成績の向上を目的とします。
日本泌尿器科学会の会員は無料で参加(聴講)できますのでぜひご参加ください。

日時 2021年4月29日(木) 15:40~17:10
参加方法 Live配信(Web参加)
定員 200名(先着申込順)
参加費 無料(日本泌尿器科学会員の場合)

プログラム

座長 山崎雄一郎(神奈川県立こども医療センター泌尿器科)
藤野 明浩(国立成育医療研究センター臓器・運動器病態外科部小児外科)

CAKUT:小児腎臓内科医の管理

石倉 健司(北里大学小児科学)

ガイドラインに基づくCAKUT(VUR、先天性水腎症)の治療戦略とMy opinion

坂井 清英(宮城県立こども病院泌尿器科)

尿膜管がんの病因、診断と治療

湯浅  健(公益財団法人がん研究会有明病院泌尿器科)

尿膜管遺残の治療の現状 長期予後を見据えた治療方針

古賀 寛之(順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖外科)

思春期における精索静脈瘤手術の有用性

梅本 幸裕(名古屋市立大学泌尿器科)

停留精巣と移動性精巣の鑑別に迷う症例の治療戦略

納所  洋(岡山大学病院小児外科)

申込方法

事前申込制となっておりますので、ご参加希望の方は以下よりお申込みください。
お申込みいただいた方へは、開催日の1週間程前にご登録のメールアドレスへ視聴用のURLをお送りいたします。
なお、定員となり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。

お申込みはこちら

ページトップ