プログラム・日程表

日程表

プログラム

国際シンポジウム “T-cell biology in Cancer Immunity”

10/7 PM 15:00~17:30

座長:河上裕、西川博嘉

1.【Keynote Lecture】

Prof. Dietmar Zehn

(Full Professor - Chair,
Division of Animal Physiology and Immunology School of Life Sciences Weihenstephan Technical University of Munich)

“TOX reinforces the phenotype and longevity of exhausted T cells”

2. YOSHIMURA Akihiko(Department of Microbiology and Immunology, Keio University School of Medicine)

“Molecular mechanism of T cell exhaustion by NR4a nuclear receptors and its reversion”

3. NISHIKAWA Hiroyoshi(Department of Immunology, Nagoya University Graduate School of Medicine)

“Immune suppression in the tumor microenvironment”

4. UDONO Heiichiro(Department of Immunology, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Okayama Japan.)

“Anti-diabetes drug, metformin, drives metabolic reprogramming in tumor microenvironment, leading to sustained anti-tumor immunity”

ワークショップ1 「がんゲノムと免疫病理学」

10/8 AM 9:00~10:50

座長:垣見和弘、門脇則光

演者:塚原智英、平岡伸介(免疫病理学)
垣見和宏、恒富亮⼀、河津正⼈、⻄原広史(がんゲノムと免疫)

ワークショップ2 「腫瘍浸潤T細胞と樹状細胞」

10/8 AM 11:10~12:40

座長:中面哲也、赤塚美樹

演者:橋本真一、上⽻悟史(シングルセル解析)
宮原慶裕、鈴⽊利宙、廣橋良彦(腫瘍浸潤T 細胞解析)

特別講演

10/8 PM 13:50~14:50

司会:鳥越俊彦

講師:谷口維紹

(東京大学・名誉教授 総長室アドバイザー
東京大学先端科学技術研究センター
科学技術振興機構・研究開発戦略センター・上席フェロー)

「がんと免疫系の相互作用;死細胞由来分子によるがんの免疫微小環境の調節機構」

シンポジウム1 (バイオセラピー学会・MSD 共催シンポジウム)

10/8 PM 15:00~18:00

「がん免疫療法実用化の時代」
~あなたが抱く基礎・臨床の課題を皆で考える2020~

座長:鵜殿平一郎、山口佳之

1. 田中薫(近畿大学医学部内科学講座腫瘍内科部門)

“再発転移頭頸部癌に対する免疫チェックポイント阻害剤を用いた化学療法”

2. 北村寛(富山大学学術研究部医学系 腎泌尿器科学)

“転移性腎癌に対する複合免疫療法の現状と課題”

3. 玉田耕治(山口大学大学院医学系研究科 免疫学)

“複合がん免疫療法の機序に関する基礎的考察”

4. 金関貴幸(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)

“がん免疫研究における基礎×臨床サイクルの確立と重要性”

5. パネルディスカッション

シンポジウム2 (中外製薬共催シンポジウム)

10/9 AM 9:00~11:00

「腫瘍微小環境とその制御」

座長:清野研一郎、小林博也

1. 【Keynote Lecture】

Prof. HIRANO, Naoto

(Professor
Department of Immunology University of Toronto Associate Director for Research Senior Scientist Princess Margaret Cancer Centre)

“Novel affinity-matured peptide-exchangeable peptide/HLA multimers enable robust and rigorous identification of antigen-specific T cells”

2. 茶本健司(京都大学大学院医学研究科 免疫ゲノム医学)

“T細胞ミトコンドリア活性を直接抑制する腫瘍由来非タンパク性低分子物質の存在とそれによる免疫チェックポイント治療不応答性メカニズムの解明”

3. 樋田京子(北海道大学大学院歯学研究院口腔病態学分野・血管生物分子病理学)

“腫瘍血管内皮細胞の特性とがん免疫”

4. 富樫庸介(千葉がんセンター研究所)

“がん免疫療法と血管新生阻害剤との併用療法への期待”

ワークショップ3 「がん免疫研究の新技術」

10/9 AM 11:10~12:50

座長:本橋新一郎、笹田哲朗

演者:金関貴幸、中津川宗秀 (HLA ligand 解析技術)
村田憲治、宇高恵子、小林栄治(抗原特異的T 細胞解析技術)

ワークショップ4 「製薬企業の基礎研究と治験」

10/9 PM 14:10~15:50

座長:角田卓也、藤井眞一郎

演者:製薬企業研究者(小野薬品工業、ブリストルマイヤーズ、中外製薬)
宇原久(札幌医大皮膚科)

ワークショップ5 「T-cell therapyの新展開」

10/9 PM 16:00~17:40

座長:池田裕明、玉田耕治

演者:後藤駿介、越智俊元、岡本幸⼦(CAR-T cell therapy)
永野誠治、安井潔(TCR-T cell therapy)

若手奨励賞応募演題および一般演題のカテゴリー

  • 自然免疫・樹状細胞
  • 抗腫瘍エフェクター細胞
  • 腫瘍抗原と抗原提⽰機構
  • 免疫逃避機構・治療抵抗性
  • 腫瘍微⼩環境とその制御
  • ゲノムと免疫
  • がん免疫療法1(抗体・ワクチン療法)
  • がん免疫療法2(細胞療法・遺伝⼦治療)
  • 免疫チェックポイント阻害剤
  • バイオマーカーと免疫モニタリング
  • 症例報告・臨床試験・その他

ページトップ