JPW2022/Japan Basic and Clinical Pharmacology Week 2022|第96回日本薬理学会年会・第43回日本臨床薬理学会学術総会 2022.11.30(水)〜12.3(土)パシフィコ横浜2022.11.30(水)〜12.3(土)パシフィコ横浜

新薬理学セミナー Digital Pharmacology Conference

開催概要

名称

新薬理学セミナーDigital Pharmacology Conference

会期

2022年11月30日(水)

会場

パシフィコ横浜

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

+ WEB開催のハイブリッド開催(予定)

大会長

茂木 正樹 (愛媛大学大学院医学系研究科薬理学講座 教授)

運営事務局

運営事務局 株式会社コングレ 大阪本社内

〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-6-13

E-mail: jpw2022@congre.co.jp

※新型コロナウイルス感染防止徹底のため、運営事務局はテレワークを実施しております。当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。

DPC組織委員会

大会長

茂木 正樹

副大会長

岸  拓弥 (国際医療福祉大学 循環器内科・福岡薬学部)

組織委員 (五十音順)

木田 圭亮 (聖マリアンナ医科大学 薬理学)

吉川 公平 (田辺三菱製薬株式会社 フロンティア創薬ユニット) 

古武弥一郎 (広島大学薬学部 生体機能分子動態学)

小山 隆太 (東京大学薬学部 医療薬学)

成田  年 (星薬科大学 薬理学)

西村 有平 (三重大学医学部 統合薬理学)

前田 和哉 (北里大学薬学部 薬剤学)

大会長ご挨拶 


新薬理学セミナー Digital Pharmacology Conference
大会長 茂木 正樹
(愛媛大学大学院医学系研究科薬理学講座 教授)

松本会長

このたび、「つなげよう、つながろう」をテーマに開催されますJPW2022: Japan Basic and Clinical Pharmacology Week 2022 日本薬理学関連学会週間会期中の2022年11月30日(水)に、サテライト企画として、新薬理学セミナーDigital Pharmacology Conference(DPC)を開催致します。

昨今医療分野では、革新的な研究手法により新たな病態の解明と治療法を開発し、世界に向けて発信することが希求されています。薬理学においてはDigital技術(IoT、人工知能(AI)、ビッグデータ)を有効に活用し、個別化医療(PGx含む)などの「次世代の医療」の推進にどう貢献して行くかが問われているかと思います。本カンファレンスは、こうした「Society5.0」時代の薬理学の在り方を考え、デジタル医療時代の新しい薬理学の在り方をざっくばらんに話し合う場として企画されました。

是非、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

協賛のご案内

新薬理学セミナー Digital Pharmacology Conference(DPC)では、企業の皆様からの各種協賛を募集しております。
下記趣意書をご確認いただき、ご検討くださいますようお願い申しあげます。

趣意書

趣意書(PDF)は下記ボタンよりダウンロードが可能です。
郵送をご希望の場合は、下記運営事務局までメールにてご連絡ください。

お申込み

下記ボタンより必要事項をご入力のうえ、お申込みください。

協賛のご案内

募集内容 申込締切日
共催セミナー ・ランチョンセミナー
・スポンサードセミナー
・冠セッション
2022年6月30日(木)
バナー広告 ・ホームページバナー広告
※DPCページへの掲載
2022年8月31日(水)

※展示・寄付に関しましてはJPW2022へお願いいたします。

お問合せ先

株式会社コングレ

運営事務局: jpw2022@congre.co.jp

PAGE TOP