HOME
学会長ご挨拶
開催概要
プログラム
一般・指定演題登録
採択結果
指定演題一覧
参加者へのご案内
座長・演者へのご案内
会場のご案内
リンク
出張願い
お問い合わせ
応募企画
Facebook
富山観光情報
  モデルコース
  観光スポット
  グルメ
  おみやげ
  旅の予約
  アクセス
 
第19回日本言語聴覚学会
指定演題
 
特別講演1
  神経文字学の展開」
    岩田 誠(メディカルクリニック柿の木坂/東京女子医科大学 名誉教授)
 
特別講演2
  言語を中心とする神経ネットワーク論と実臨床でみる予後との接点(仮)」
    石合 純夫(札幌医科大学医学部リハビリテーション医学講座)
 
シンポジウム1
  認知症のコミュニケーションをみる・支える」
    鈴木 恵子(北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科言語聴覚療法学専攻)
    中川 良尚(江戸川病院リハビリテーション科言語室)
    植田 恵 (帝京平成大学健康メディカル学部言語聴覚学科)
    飯干紀代子(志學館大学人間科学部心理臨床学科)
 
シンポジウム2
  生活を支えるSTの取り組みと未来への提言(仮)」
    見目  隼人(有限会社トゥモローズリハビリテーショングループ)
    永耒  努 (株式会社コンパス)
    中村 太一(株式会社ハビサポ)
    赤壁 省吾(天満病院)
 
シンポジウム3
  摂食嚥下障害領域における姿勢調整の検証(仮)」
    稲本 陽子(藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科)
    飯泉 智子(北海道医療大学心理科学部言語聴覚療法学科)
    兼岡 麻子(東京大学医学部附属病院リハビリテーション科)
   
福岡 達之( 広島国際大学総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科言語聴覚療法学専攻)
 
教育講演1
  誤嚥性肺炎の最新治療」
    寺本 信嗣(和光駅前クリニック)
 
教育講演2
  エビデンスに基づいた、発達性ディスクレシアの実態理解
-発達神経心理学が果たした役割-」
    川崎 聡大(東北大学大学院教育学研究科・東北大学教育学部人間発達臨床科学講座)
 
教育講演3
  レビー小体病(パーキンソン病・レビー小体型認知症)の臨床と薬物療法:最近の知見」
    井上 雄吉(富山県リハビリテーション病院・こども支援センター神経内科)
 
アドバンスセミナー1
  失語症の言語治療 -エビデンスに基づく臨床の展開(仮)」
    藤田 郁代(国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻言語聴覚分野)
 
アドバンスセミナー2
  認知神経心理学的枠組みに基づく失語症臨床の理論と実際」
    中村 光(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科)
 
アドバンスセミナー3
  文字の訓練」
    水田 秀子(藤井会リハビリテーション病院リハビリテーション部)
 
アドバンスセミナー4
  実用的コミュニケーションへのアプローチ、地域言語聴覚療法(心理・参加を中心に)」
    半田 理恵子(夢のみずうみ村新樹苑)
 
スキルアップセミナー1
  聴覚障害・補聴器」
    斎藤 宏(帝京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科)
 
スキルアップセミナー2
  音声障害の診断と評価」
    ①GRBAS評価
     石毛 美代子(東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻)
    ②診断:治療に役立つ喉頭内視鏡所見の診かた
     佐藤 剛史(東北大学医学系研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学教室)
 
スキルアップセミナー3
  吃音臨床はじめの一歩」
    小林 宏明(金沢大学人間社会研究域学校教育系)
 
スキルアップセミナー4
  発展途上で起きる構音障害の評価とアプローチ」
    今村 亜子(NPO法人 ことリ)
 
市民公開講座
  発達障害児・者の家庭、学校、職場でのトータルサポート
−幼児期・学童期・思春期・成人までの学校適応、二次障害の予防、就労支援−」
    星野 仁彦(福島学院大学)
 
公募企画
  言語聴覚療法の未来を語る(仮)」
 
 
 
   
 
運営事務局
  株式会社コングレ九州支社
  〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17-11F
TEL:092-716-7116 FAX:092-716-7143 E-mail:jaslht2018@congre.co.jp
   
Copyright © 第19回日本言語聴覚学会 All rights reserved.