第27回日本乳癌学会学術総会

会長挨拶

 

第27回日本乳癌学会学術総会を開催するにあたって

第27回日本乳癌学会学術総会会長
会長 佐伯 俊昭
埼玉医科大学国際医療センター 乳腺腫瘍科教授

2019年7月11日から13日まで第27回日本乳癌学会学術総会を東京都新宿区の京王プラザホテルとNSビルにて開催させていただきます。主題は「乳がん患者の心と身体のケア」としました。また副題を「乳がんゲノム医療と支持医療」として、がんゲノム医療中核拠点構想の中での乳がんゲノム診療の整備と第一線病院におけるゲノム医療の在り方を考えると同時に、遺伝カウンセラーを含めたチームでの診療の実践について皆さまと共に考えたいと思います。Plenaryでは、ゲノム医療と支持医療を取り上げて、ゲノム情報に基づいた治療選択とチームでサポートする支持医療を取り上げます。つまり、がん薬物治療の両輪となるべき2つのテーマについて、国内外のエキスパートにご講演を依頼しました。
支持医療については、がん診療に伴う後遺症、副作用対策を実習形式にて指導してもらうセミナーを企画しました。超音波のハンズオンセミナー同様に、実際の手技を供覧し指導していただきます。

また、診断、治療に関する最新の情報はシンポジウムに集約し、チームで取り組むテーマについてはパネルディスカションにてご討議していただく企画としました。さらに、一般の公募課題を厳選口演とし、研修医を含めた若手医師にもポスター口演などで発表場を作りたいと思います。

若手研究者の育成のためには、研修医プログラム、San Antonio Breast Symposiumなどで日本乳癌学会から表彰された研究者に発表を依頼します。またInternational Sessionでは、英語によるパネルディスカションを企画し、アジアを中心とした若手研究者同志の交流も企画します。

さらに、会長特別企画としてリキッドバイオプシーと英語抄録の書き方、ならびにBreast Cancer誌への投稿の技術的な学習セミナーを行います。また独立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の公募課題と申請時の注意点などを直接会員の皆様にお話をしていただくようにAMEDの担当官に依頼しました。

この度の学術集会では、日本臨床腫瘍学会、日本がんサポーティブケア学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会との共催シンポジウムは決定しており、その他日本がん治療学会、日本産婦人科学会とのシンポジウムも企画しております。7月の暑い時期ではありますが、オリンピックを前に変貌している東京の姿も是非見に来ていただき、皆さまとともに素晴らしい学術総会となりますよう、大崎昭彦学術総会運営事務局長、川端英孝プログラム委員長と共に準備しております。

2018(平成30年)年7月吉日