第108回日本泌尿器科学会総会 The 108th Annual Meeting of the Japanese Urological Association

遺伝カウンセリング
模擬ロールプレイ

学会延期に伴い、現在プログラムを再調整中です。
プログラムが確定次第公開いたしますので、
ご不便をおかけし恐縮ですが今しばらくお待ちください。

腎泌尿器臨床遺伝コンソーシアム企画
腎泌尿器疾患に関する遺伝カウンセリング模擬ロールプレイ

最近、遺伝学的検査を臨床で活用する場面が増えています。遺伝学的検査を施行する前後には遺伝カウンセリングを行なうことが推奨されており、そのような背景から小児腎臓病臨床での利用を想定した遺伝カウンセリング模擬ロールプレイを企画いたしました。プログラムの後半には、参加者によるロールプレイを行っていただきます。参加者によるロールプレイへの参加は事前申込制とさせていただきますので、ご希望の方は3月24日(火)までにお申し込みください。本企画への聴講のみの場合には、事前申込は不要ですので、直接、会場にお越しください。 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

主催

代表

市川 智彦(千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学)

伊藤 秀一(横浜市立大学発生成育小児医療学)

花岡 一成(東京慈恵医科大学第三病院総合診療内科)

森貞 直哉(兵庫県立こども病院臨床遺伝科)

上原 朋子(慶應義塾大学臨床遺伝学センター)

日時 4月25日(土)14:40~16:40
場所 第9会場(神戸国際展示場 2号館 2階 2A会議室)
対象 腎泌尿器疾患の臨床に携わる医師、看護師、遺伝カウンセラーなどの医療関係者
参加費 無料(第108回日本泌尿器科学会総会参加者に限る)
ロールプレイ参加定員

先着 15名(事前申込)

  • ※申込多数の場合は各施設1名とさせていただく場合があります。
  • ※ロールプレイに参加せず聴講のみの場合には、事前申込は不要です。

プログラム

【第1部】講義

司会

市川 智彦(千葉大学医学部泌尿器科)

花岡 一成(東京慈恵会医科大学附属第三病院総合診療部/遺伝診療部)

「腎泌尿器分野での遺伝医学の進歩」

講師:伊藤 秀一
(横浜市立大学発生成育小児医療学)

「遺伝カウンセリングの概要と重要性」

講師:花岡 一成
(東京慈恵医科大学附属第三病院総合診療部/遺伝診療部)

「認定遺伝カウンセラーの役割」

講師:宇津野 恵美
(千葉大学医学部附属病院遺伝子診療部)

【第2部】ロールプレイ

進行
司会

市川 智彦(千葉大学医学部泌尿器科)

花岡 一成(東京慈恵会医科大学附属第三病院総合診療部/遺伝診療部)

ファシリテーター

伊藤 秀一 (横浜市立大学発生成育小児医療学教室)

花岡 一成 (東京慈恵会医科大学第三病院総合診療内科)

上原 朋子 (慶應義塾大学臨床遺伝学センター)

森貞 直哉 (兵庫県立こども病院臨床遺伝科)

宇津野恵美 (千葉大学病院遺伝子診療部)

内容
  • 模擬症例ロールプレイ(スタッフによるロールプレイ)
  • 参加者によるロールプレイ(定員15名 事前申込制)
  • 全体討論

参加者によるロールプレイへのお申し込み

  • 先着15名
  • 申込み締切:3月24日(火)17:00

以下からお申し込みください。

個人情報の取扱について

お預かりする個人情報は、日本泌尿器科学会から個人情報の取扱いの委託を受けた運営事務局(株式会社コングレ)が、第108回日本泌尿器科学会総会の運営に関連する業務遂行の目的にのみ、利用します。

お問い合わせ先

第108回日本泌尿器科学会総会 運営準備室

株式会社コングレ内

〒103-8276 東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング 3F

TEL: 03-3510-3701 FAX: 03-3510-3702

E-mail: jua2020@congre.co.jp

ページトップ