第108回日本泌尿器科学会総会 The 108th Annual Meeting of the Japanese Urological Association

ハンズオンセミナー開催のご案内

株式会社アムコグラクソ・スミスクライン株式会社ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社のご協力のもと、7月24日(金)にハンズオンセミナーを開催いたします。
各セッションの受付方法に従い、お申し込みください。
参加人数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

共催:株式会社アムコ

3D-Realtime OBT Fusion Biopsy ハンズオンセミナー

日時 7月24日(金)16:30 - 18:00
会場 神戸国際展示場 2号館 2F 「2B会議室」
コース
ディレクター
浮村  理(京都府立医科大学 泌尿器科学教室 教授)
演者 玉田  勉(川崎医科大学 放射線診断学教室 教授)
林 哲太郎(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 腎泌尿器科学 助教)
ハンズオン
レクチャラー
浮村  理(京都府立医科大学 泌尿器科学教室 教授)
秦  聡孝(大分大学医学部 腎泌尿器外科学講座 准教授)
林 哲太郎(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 腎泌尿器科学 助教)
宇野 裕巳(JA岐阜厚生連中濃厚生病院
泌尿器科 泌尿器内視鏡部長)
佃  文夫(江戸川病院 泌尿器科 医長)
概要 KOELIS社の実機を用い、3D Image Fusion Biopsyのレクチャーを行います。海外主要学会でハンズオンセミナー講師をご経験の浮村先生コースディレクターのもと、国内での経験豊富なご施設の先生方からご指導いただきます。
定員 40名
事前の申し込みが必要です。ご参加は抽選とさせていただきます。
尚、見学のみも可能ですので、ご希望の方は会場にお越しください。
申込方法 下記URLからお申込みください。
URL:https://amco.co.jp/seminar/

共催:グラクソ・スミスクライン株式会社

過活動膀胱・神経因性膀胱に対するボツリヌス療法ハンズオンセミナー

日時 7月24日(金)9:00 - 10:30
会場 神戸国際展示場 1号館 中2F 「多目的室」
講師 加賀 勘家(獨協医科大学排泄機能センター)
概要 過活動膀胱・神経因性膀胱に対するボツリヌス療法の治療プロセス、投与手技についてのハンズオンセミナーです。ボツリヌス療法の有効性・安全性・投与方法のレクチャーから始まり、ボトックスの調製・失活方法、人工皮膚で作られた膀胱モデルを使用した実際の投与をご体験いただけます。
ボツリヌス療法の資格を取得するセミナーではございませんので予めご了承ください。
定員

30名

※事前の申し込みが必要です。定員に達し次第締め切らせていただきます。

※尚、見学のみも可能ですので、ご希望の方は会場にお越しください。

参加条件

過活動膀胱・神経因性膀胱に対するボトックスの施注資格をお持ちの医師。

※見学のみであればどなたでもご参加可能です。

申込方法

準備中

共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

SpaceOAR™ハンズオンセミナー

日時 7月24日(金)14:00 - 15:30
会場 神戸国際会議場 4F 「406」
講師 森田 將(昭和大学江東豊洲病院)
概要

本セミナーでは SpaceOAR™手技への理解を深めていただけるよう、安全で適切な使用についてトレーニングを行います。

  • キットアセンブリトレーニング
    サンプル製品を用いた組み立て練習
  • ファントムトレーニング
    超音波装置、ステッパーおよびファントムを用いたセッティング、針の穿刺練習
  • シミュレータートレーニング
    シミュレーターによる手技の模擬練習
  • ティッシュトレーニング
    超音波画像下におけるハイドロダイセクションおよびハイドロゲル注入の模擬練習
定員

10名

※事前のお申込が必要となります。

※応募多数の場合は、導入予定のあるご施設を優先させていただきます。

申込方法

準備中

お問い合わせ E-mail:gakkai_bsj_1@jtbcom.co.jp

ページトップ