第108回日本泌尿器科学会総会 The 108th Annual Meeting of the Japanese Urological Association

ダイバーシティ推進委員会企画シンポジウム

学会延期に伴い、現在プログラムを再調整中です。
プログラムが確定次第公開いたしますので、
ご不便をおかけし恐縮ですが今しばらくお待ちください。

ダイバーシティ推進委員会企画
シンポジウム
ダイバーシティ・カフェ
~多用なあなたの多様なライフ~

ダイバーシティ推進委員会では、恒例のシンポジウムに加え、生活面のお役立ち情報の提供、ワールドカフェ形式での座談会を行います。楽しく盛りだくさんの企画となっておりますので、皆さんのご参加をお待ちしております。

日時 2020年4月25日(土)14:30~16:50 (開場14:00)
(15:00~16:00 指導医教育コース認定プログラム)
会場 第2会場(神戸ポートピアホテル 本館 地下1階 偕楽)

ダイバーシティ推進委員会企画シンポジウム ダイバーシティ・カフェ

ダイバーシティ推進委員会からのメッセージ

2014年に開設された「男女共同参画委員会」では2016年から計3回にわたり学会員のこどもたち向けに「わくわくジュニア手術体験セミナー」を開催しました。こどもを連れても学会に参加できる、こどもが親の仕事を理解することで親が仕事をしやすくなる、次世代医療者のモチベーションアップ、などの目的であり、のべ75名のお子さんたちにご参加いただき大盛況のイベントとなりました。

2019年4月、本委員会は「ダイバーシティ推進委員会」と名称を変更し、価値観の多様化や働き方改革などのダイバーシティをより一層推し進めることとなりました。これを機に、新たなイベントを企画し本委員会としての活動を活性化しつつ、学会員の直面している諸問題の収集および解決から延いては泌尿器科学会の発展につなげていきたいと考えています。

第108回日本泌尿器科学会総会では三部構成で行います。医師のダイバーシティ推進のためには家庭での仕事を楽にする視点での働き方改革も重要ですので、第一部は、日経BP社の方より、共働きのコツなど情報提供されている「日経DUAL」などのオンラインマガジンをご紹介いただきます。またいろいろな時短家電を販売しているPanasonic株式会社より、トイレ掃除をラクにする自動洗浄トイレ「アラウーノ」をご紹介いただきます。第二部はダイバーシティ推進委員会シンポジウムとして、お二方にご講演いただきます。お一人目は乳腺外科医としてご活躍されている昭和大学ブレストセンター教授 明石定子先生から、「女性だってプロフェッショナル~仕事の流儀~」と題し、仕事と家庭の両立のコツなどのお話を、お二人目は前大阪弁護士会副会長の大橋さゆり先生から、医師に対する労働法規などのお話をしていただきます。第三部では参加者の皆さんで小グループになりテーブルを囲んで、皆さんが今困っていることや泌尿器科学会に今後期待するものなど、積極的に意見を出し合っていただければと思っています。ワインとチーズの提供もございますので、ぜひとも会場に足をお運びください。委員会メンバー一同、お待ちしております!

プログラム

14:00~14:55 第一部 多用なあなたの多様なライフ

オンラインマガジンの活用

森川 大輔 様
(日経BP社デジタルマーケティング局)

「働くあなたの味方です」自動洗浄トイレアラウーノ

酒井 武之 様
(Panasonic株式会社 ハウジングシステム事業部主幹)

15:00~15:55 第二部 ダイバーシティ推進委員会シンポジウム

(指導医教育コース認定プログラム)

女性だってプロフェッショナル~仕事の流儀~

明石 定子 先生
(昭和大学ブレストセンター 教授)

知っているようで知らない医師の就労環境に関わる法律

大橋 さゆり 先生
(大阪ふたば法律事務所 前大阪弁護士会副会長)

16:00~16:50 第三部 ダイバーシティ・カフェ

少人数でテーブルを囲み、各世代の皆さんで明日の泌尿器科学会に何を求めたいか、語り合いましょう。ワインやチーズをご用意してお待ちしております。

ページトップ