泌尿器科の世界観 − 比類なき専門性と多様性 − 日 程  2021年 4月26日(月)~29日(木)会 場  パシフィコ横浜 大会長  大家 基嗣 慶應義塾大学医学部 泌尿器科学教室 教授

お知らせ

2020.09.24
会長挨拶開催概要演題募集
更新しました。
2020.08.19
演題募集を開始しました。
(~9月24日(木)正午)
2020.07.13
企業・団体の皆様へを公開しました。
2020.05.12
ホームページを公開いたしました。

第109回日本泌尿器科学会総会の
会期変更と開催方針について(9月24日発表)

2021年4月26日(月)~29日(木)にパシフィコ横浜で開催を予定しておりました第109回日本泌尿器科学会総会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が本大会の準備・運営に与える影響を検討した結果、2021年12月7日(火)~10日(金)に延期することを常任理事会で決定しました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大後、従来型の現地開催とWebを併用したハイブリット形式での開催も踏まえてプログラムの準備を進めてまいりましたが、海外招聘者の来日の見通しが当面立たないこと、また、国内でも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、研究プロジェクトの一時中断等で計画に遅れが出ている論文が少なくないことから、不安定な情勢の中で予定どおり2021年4月に開催することは、日本泌尿器科学会の会員にとって得策ではないとの結論に至りました。

本大会の演題募集は9月24日に締切予定でしたが、会期の変更に伴い、2021年2月18日(木)から3月31日(水)の期間にて改めて演題を募集いたします。そのため、演題登録システムは演題募集再開の2月18日まで一時停止します。すでに演題をご登録いただいている方については2021年2月18日からの登録システム再開以降に編集・修正が可能です。

会期の変更により、多大なるご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。多方面に多くの影響があることは重々に承知しておりますが、2021年12月7日(火)~10日(金)に世界各国、日本の泌尿器科医が一堂にパシフィコ横浜に会し、こころを揺さぶる4日間を皆様とともに創りあげたいと考えております。

会員の皆様のご協力をなくしては、第109回日本泌尿器科学会総会の成功はありません。どうかご理解・ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。皆様とパシフィコ横浜でお会いできることを切に願っております。

2020年9月24日

一般社団法人日本泌尿器科学会
第109回日本泌尿器科学会総会

理事長・大会長 大家 基嗣

×

ページトップ