温故知新 :栄養療法のこれまで・今・これから

オンライン参加登録は
こちら
ハイブリッド開催の
案内はこちら

会期:2021年2月18日(木)~19日(金)、会場:神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル、会長:鍋谷 圭宏(千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長 / NSTチェアマン 千葉大学医学部臨床教授)

ノーベルファーマ株式会社

株式会社クリニコ

日清オイリオグループ株式会社

日本歯科薬品株式会社

【重要】オンライン参加登録システム再開のお知らせ

先日ご案内させていただきました通り、本学術集会は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大状況を鑑み、会期を2月18・19日から7月21・22日に延期したうえで、同じ神戸の地で
ポートピアホテルを中心に開催することにいたしました。

7月への開催延期に伴い、オンライン参加登録システムをリニューアルするため、システムを一時閉鎖しておりましたが、以下の通り4月27日(火)より新規参加登録を再開いたします。

■新規参加登録

参加登録期間:2021年4 月27日(火)正午~ 8月31日(火)正午(予定)
オンライン参加登録ページ:https://www.congre.co.jp/jspen2021/registration.html

リニューアル後のオンライン参加登録システムでは、新規参加登録時にご選択いただく
「現地への来場予約」と「Webでの参加」の参加形態を、登録後にご自身で何度でも
マイページから変更できる
ようになりました。

また、新規参加登録時に『認定医・指導医・認定歯科医ならびにNST稼働施設認定の更新の
ためのクレジットの希望の有無』のチェック項目を新たに設置いたしました。
必ずご回答を
お願いいたします。

2020年12月22日(火)~2021年1月20日(水)の期間に参加登録をお済ませの皆様には、
4月8日(木)正午~4月22日(木)正午までの間に、マイページからアカウント情報の修正(参加形態ならびに学術セミナー予約の再登録)をお願いします。別途、運営事務局より
お送りしておりますメールをご確認いただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

アカウント情報の修正(参加形態ならびに学術セミナー予約の再登録)は4月22日(木)正午以降も可能ですが、学会場への来場予約ならびに学術セミナーの予約は先着順予約制と
なりますので、新規参加登録が再開されますと、ご希望の学術セミナーが予約できなくなる
可能性がございますのでご注意下さい。新規参加登録が再開される前に、アカウント情報の
修正(参加形態ならびに学術セミナー予約の再登録)をしていただくことを推奨いたします。

その他ご不明な点がございましたら、運営事務局までお問い合わせください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

引き続き皆様のご理解、ご支援の程よろしくお願い申しあげます。

2021年4月1日

第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
会長 鍋谷 圭宏
千葉県がんセンター 診療部長/NSTチェアマン
千葉大学医学部臨床教授

【重要】第36回学術集会(JSPEN2021)開催延期につきまして

     先日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大状況を鑑み、第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)は、2月18・19日に予定しておりましたハイブリット型開催のうち神戸での現地開催部分を完全に中止することと致しました。しかし、この場合には昨年に続き2年間にわたり現地開催がなく、参加者間の交流の場が失われてしまいます。また、今後更なる感染の拡大・継続の懸念もあり、2月では多くの医療者が感染拡大防止活動に多忙を極められていることが予想されます。従って、完全WEB型であっても、2月の学術集会は有意義な開催が危ぶまれる事態となりました。

     そこで、本来2月に実施予定であった現地参加とWEB参加を併用するハイブリッド型開催の機会を改めて求め、会期を2021年7月21・22日に延期した上で、同じ神戸の地でポートピアホテルを中心にJSPEN2021を開催させていただくことを決定いたしました。なお、この延期日程におきましても、開催時の社会状況による完全WEB型への移行も念頭に準備を進めさせていただきます。7月には、COVID-19の終息に一定のめどが立ち、神戸で交流の機会を持てることを願っております。

     今回の延期に伴い、JSPEN2021のプログラムは現在予定されている内容・時間を可能な限り日程のみ移動する予定です。しかし、会場の関係上一部変更が生じる可能性がございます。何卒ご容赦いただけますよう伏してお願い申しあげます。

     今後、早急に会場調整や各種スケジュールの見直しを行い、JSPEN2021の7月開催内容につきまして改めて学術集会ウェブサイトでお知らせするとともに、JSPENのウェブサイトならびにメールなどでも順次ご連絡させていただきます。ぜひ、最新情報をご確認下さい。

     繰り返しになりますが、2月18・19日のJSPEN2021開催は延期されますので、当日には当初予定されていました全てのプログラムは、神戸での現地開催だけでなくWEB上でも2月には開催されません。すでに2月18・19日開催予定での発表データの登録や参加登録は始まっておりますが、こちらは一度クローズさせていただきます。そして、7月開催では参加が難しくなる先生もいらっしゃる可能性を考慮して、発表データや参加の登録など諸手続きの対応を改めてご連絡させていただく予定です。また、2月の開催に向け神戸への旅程を計画されておられる場合には、各自予約者の責任で旅程の中止・キャンセル等を至急お願いいたします。

     会員そして2月18・19日開催に向けて準備をしていただいておりました多くの皆様には、多大なるご迷惑とご心配をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。どうか引き続き皆様のご理解とご支援をいただきたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

    2021年1月20日

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
    会長 鍋谷 圭宏
    千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長/NSTチェアマン
    千葉大学医学部臨床教授

【重要】第36回学術集会(JSPEN2021)開催形式・日程につきまして

     第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)は、ハイブリット型(現地参加にWEB参加を併用する形式)による開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に歯止めがかからず、1月7日の首都圏に加えて、1月13日にはJSPEN2021の開催県である兵庫を含む関西圏にも緊急事態宣言が発令されました。これを受けて慎重に検討を重ねました結果、現時点で2月18・19日に開催を予定している神戸での集合型の学術集会現地開催部分を完全に中止することといたしました。

     あわせて、完全WEB型での2月開催上の課題を検討中でございます。しかし、緊急事態宣言が少なくとも開催期日直前の2月7日まで発せられ、その後開催会期中への延長も想定される中で、医療崩壊への懸念が社会問題となっております。このような社会情勢を鑑みますと、学術集会への時間確保の点でもしばらくは参加者の皆様にはご負担となることが考えられます。また、たとえ完全WEB型での開催であっても、今後いつ誰が感染するか予断を許さない状況です。今後多くの運営スタッフを確保した上で安定した学術集会開催のための準備と配信環境を提供することは、人の移動制限も要請されている中で必ずしも容易ではないと思います。そのため、多様な開催形式を念頭に置いた上で、COVID-19の一時的な終息を期待できる日程への「延期」も検討中でございます。

     つきましては、2月18・19日には神戸での現地開催は行われませんので、事前のオンライン参加登録で「学会場への来場予約」をお済ませであっても、現在の日程の場合はWEBでの参加となります。もし「延期」での開催となった場合は、参加登録をお済ませになった先生に改めてご連絡を差し上げて対応をご相談させていただきます。

     また、現在、2月の学会会期に神戸への旅程を計画されておられる場合には旅程の中止・キャンセル等が必要となります。手続きは各自予約者の責任でお願いいたします。
    今後のJSPEN2021の開催形式や日程などについては、早急にさらなる検討をした上で、改めて学術集会ウェブサイトでお知らせするとともに、JSPENのウェブサイトならびに会員メールなどでご連絡させていただきます。ぜひ、最新情報をご確認下さい。

     会員そしてご参加予定の先生を含む関係者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。どうか引き続き皆様のご理解とご支援をいただきたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

    2021年1月

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
    会長 鍋谷 圭宏
    千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長/NSTチェアマン
    千葉大学医学部臨床教授

【重要】第36回学術集会(JSPEN2021)開催形式と参加クレジットについて

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)は、1月4日午前10時現在、ハイブリット型(現地参加にWEB参加を併用する形式)による開催を予定しております。

    今後、COVID19の流行拡大や緊急事態宣言等の発令により開催形式が完全WEB型へ変更される可能性があります。

    この完全WEB型の場合では神戸での現地開催は行われず、事前のオンライン参加登録で「学会場への来場予約」をお済ませであっても、現地での参加はできずWEBでの参加となります。

    当日神戸への旅程を計画されておられる場合には旅程の中止等が必要となりますので、今後のJSPEN2021よりの発表にご注意ください。

    すでに旅程を予約済みの場合・・・完全WEB型開催ではキャンセルが必要となります。
    手続きは各自予約者の責任でお願いいたします。

    参加履歴に関して

    今回の実際の開催形式に関係なく、現地参加と同等の扱いをすべてのWEB参加の方にいたします。単位取得としての証明は、参加証明書をダウンロード・取得いただきます。
    オンライン参加登録をお済ませになりますと、2月18日(木)より参加登録システムログインページ内にて、WEB参加登録であっても従来どおりの参加証明書がダウンロード・発行されます。取得方法の詳細につきましては、オンライン参加登録ページ(http://www.congre.co.jp/jspen2021/registration.html)に公開いたします。

    なお、参加証明書では、下記の個人資格において、学術集会参加1回としてのクレジットとなります。

    対象となる日本臨床栄養代謝学会の個人認定資格
    認定医 指導医 認定歯科医 NST専門療法士 臨床栄養代謝専門療法士

第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)開催にあたりまして

     第35回日本臨床栄養代謝学会(JSPEN)学術集会(京都:佐々木雅也会長)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行により集合型開催が中止になった最初の大きな学術集会でした。あれから1年近くが経とうとしていますが、感染はいまだ終息しておりません。長期化しているCOVID-19対策にご尽力されている全国の医療者の皆様に心より敬意を表し、一刻も早い終息を祈念いたします。

     2021年の第36回学術集会(JSPEN2021)の開催形式も、COVID-19の流行状況を踏まえて経時的に検討し、昨年12月の段階で現地開催部分を講演・主題中心に縮小したハイブリッド形式とさせていただきました。しかし、COVID-19の流行拡大や緊急事態宣言の発令など社会状況の変化によっては、これから完全WEB型への開催形式の変更も起こり得ることをどうかご了解いただきたく思います。常にHPの最新情報をご確認下さい。

     JSPEN2021のテーマ「温故知新:栄養療法のこれまで・今・これから」は、「新たな学会名称でスタートした今、これまでの歴史を振り返り、現状と、そして次世代に伝えるべきことを考えたい」という想いで掲げましたが、図らずも2020年からのコロナ禍で、学術集会のあり方を根本から考え直す機会となりました。まさに「温故知新」が必要になったのです。WEBを用いた学術集会も皆様何度か経験したと思いますが、もちろん欠点も多いですが利点もあります。もしかすると、全ての参加者が集まらないといけない(移動しなければならない)学術集会は今後なくなってしまうのではないかと感じてしまうくらい、社会・経済状況の大きな変化により学術集会の開催形式は変わりつつあります。コロナ禍に準備を始めた初めてのJSPEN学術集会としてJSPEN2021はまさにその最初のモデルになると認識して、結果的には短い準備期間となりましたが多くの方からの激励とご支援をいただき、誠心誠意準備に取り組んで参りました。至らない点も多々あるかと思いますが、どうかご理解とご容赦をいただけますと幸いです。

     さて、こうした厳しい状況ではありますが、JSPEN2021では大変興味ある演題が多数発表されます。記念講演、そして第一線で活躍されている先生方からの特別講演と教育講演は、参加される皆様に幅広い視点や考え方を教えて下さること間違いありません。また、海外のPEN societyを代表する6名のご高名な先生から、時差を考慮してですが、オンラインでお話をいただけることになりました。関連する主題セッションと合わせて聴講いただければ、理解がより深まることと思います。さらに、既にお知らせしました通り、一般公募の中からCOVID-19と栄養管理に関連したセッションを新たに2つ設けました。抄録提出時から社会状況が変化しているかもしれませんが、様々な視点からCOVID-19対策として私達の経験を共有できればと思います。そして、メインとなる主題セッションは、シンポジウム9セッション・パネルディスカッション13セッション・ワークショップ6セッションと28のセッションが内容により区別されて開催されます。司会の先生方のご尽力により、いずれも最新の知見を学べる素晴らしい内容です。特に、学術集会テーマと関連して、静脈栄養、成分栄養剤、周術期栄養管理、救急集中治療という4つのテーマで「これまで・今・これから」を学ぶシンポジウムを設けました。それぞれの分野で活躍された先達にレジェンドとして基調講演と総括をいただくという、とても貴重な必見のセッションです。また、JSPEN学術集会検討委員会で2019年から3年間継続議論することになった3つのテーマ(サルコペニア・フレイル対策としての栄養管理、がん化学療法・放射線療法における栄養療法、重症患者の栄養療法)についても、シンポジウム・パネルディスカッションで十分議論していただき、ひとまず最終回として何かメッセージが得られることを期待しています。さらに、今年からNSTフォーラムとNST関連ワークショップは、NST関連のクレジット対象セッションとなりました。フェローシップ応募者セッションやアワードの受賞講演、そして英語論文の書き方講座など、臨床栄養学・代謝栄養学の臨床・研究・教育の全てに関連する幅広い内容の構成になっていると思います。

     主題以外のセッションも沢山の貴重な研究成果をご発表いただきます。要望演題はWEBですが、ライブでの発表と質疑応答を計画しております。一般演題は全てプレゼンテーションとしてアップしていただき、座長の先生のご評価に加えて、視聴者も質問できるような形としました。これまで、突然の開催形式変更のために、質疑応答のない発表や誌上発表を余儀なくされた学会がいくつもありました。しかし、徐々に普及したWEBという手段のメリットも分かってきましたので、JSPEN2021では、是非とも双方向で意見交換ができるようにと精一杯工夫致しました。プレゼンテーションの録音とアップロードはやや面倒かもしれませんが、これからの学術集会では必ず必要な応募システムになってしまいました。今回は、動画形式(MP4)にはご自身で変換されなくてもシステムで対応できるようになりましたので、少し手間が省けるかと思います。学術的交流を少しでも維持し、さらに自身の発表が評価を受けるために必要な方法としてご理解いただければ幸いです。

     WEBの利点が分かってきた一方で、人と人、人と物、多くの貴重な出逢いは、現地参加でないと得られない財産です。しかし、COVID-19の流行状況は予断を許さず、現地集合開催が困難になるかもしれません。もし神戸にお越しになれなくても、WEBでも十分に勉強になり、楽しんでいただけると思います。何といっても、リアルでは決して聞くことができない同時進行のプログラムをオンデマンドで全て聴講できるのです!ご心配されている先生も多いかと思いますが、現地参加でもWEB参加でも参加証明書は発行され、その記録は本学会の認定取得単位の対象となりますのでご安心下さい。

     多くの皆様と神戸でお会いできないことは誠に残念ですが、JSPEN2021が臨床栄養学・代謝栄養学の進歩に寄与する有意義な学術集会になりますように現時点での最善を尽くす所存でございます。ぜひともJSPEN2021にご参加いただき、新しい形の学術集会で学術的交流を図っていただければ幸いです。引き続き皆様のご理解とご指導、そしてご支援を賜りますよう何卒宜しくお願い致します。

    2021年1月

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
    会長 鍋谷 圭宏
    千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長 / NSTチェアマン
    千葉大学医学部臨床教授

COVID-19感染症と栄養管理についてのセッションを設けました

    COVID-19(新型コロナウイルス)感染症はいまだ世界的に流行していますが、治療と予防における栄養学的な知見・経験が少しずつではありますが明らかになってきました。また、COVID-19による社会の制約で、栄養管理・栄養教育など我々が必要とする活動が行えない場面も増えていると思います。こうしたCOVID-19感染症と栄養管理の諸問題についての公募演題の中から、査読で選ばれた演題を集め「特別ワークショプ」ならびに「主題関連特別企画」としてまとめました。これからのwith/postコロナ時代にどのように解決していけばよいのかを、皆様とともに考えたいと思います。

第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)の開催について(第3報)

     第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、既に第1報・第2報でご案内いたしました通り、従来の完全集合型現地開催ではなく、神戸での現地開催を維持したうえで、ご自宅や勤務先からでもインターネットを利用したオンライン配信で視聴参加できる「ハイブリッド開催」とすることを決定いたしました。

     ご応募いただいた演題の採否につきましては、12月上旬にメールにてご連絡いたします。

     以下、現時点での予定をご案内いたします。

    開催形式

    会期中に現地で行うセッション
    (WEBからのライブ参加・ライブ+オンデマンド視聴も可能)

    • 会長講演
    • 葛西森夫記念講演
    • 武藤輝一記念教育講演
    • 特別講演
    • 小越章平記念Best Paper in The Year 受賞講演
    • 大柳治正記念学術振興アワード受賞講演
    • 海外招聘講演
    • 教育講演
    • NSTフォーラム
    • フェローシップ応募者セッション
    • 特別ワークショップ
    • シンポジウム(他学会との合同企画含む)
    • パネルディスカッション(他学会との合同企画含む)
    • ワークショップ
    • 栄養士・管理栄養士部会パネルディスカッション
    • 看護師部会パネルディスカッション
    • 薬剤師部会パネルディスカッション
    • 主題関連特別企画
    • 英語論文の書き方講座
    • スポンサードシンポジウム
    • ハンズオンセミナー
      ※ハンズオンセミナーはライブ配信とオンデマンドの予定はございません
    • 学術セミナー
      ※学術セミナーは事前申込制となっています。

    会期中にWEB上で行うセッション 
    (WEBのみライブ参加・ライブ+オンデマンド視聴も可能)

    • 要望演題
      ⇒指定された日時にWEB上でご発表頂きます(質疑応答あり)。

    WEB上でオンデマンド視聴可能なセッション
    (WEBのみオンデマンド参加・視聴可能)

    • 一般演題(口演・ポスターは統一して一般演題といたします)
      ⇒事前に提出されたPPTスライドに発表音声を録音した動画を視聴頂けます
       (座長の総括をつけてアップし、視聴者からの質問をうけられる形にする予定です)。

     上記のプログラムは原則として会期終了後~3月31日までの間、オンデマンド視聴可能といたします。会期中にセッションを見逃した場合や、後で振り返りを希望される場合にも、ご都合に合わせてご視聴頂けます。WEB上の視聴サイトやアプリに関しては、開催日が近づきましたら本学術集会ホームページ(http://www.congre.co.jp/jspen2021/)にてお知らせいたします。司会・演者の先生方には発表方法・データ作成要綱等を、あたらためてメールでお知らせいたしますので少々お待ち頂けると幸いです。尚、現地でご発表頂く演題に関しても、会期後のオンデマンド視聴用及び、急遽現地に来られなくなった場合に備えて、事前にご発表のPPTスライドに発表音声を録音した動画をご提出していただく予定です。
     今後、開催時期および開催形態について変更等が生じた場合には、随時、ホームページおよびメールにてご案内いたしますので、定期的にご確認いただけますと幸いです。
     引き続き皆様のご理解、ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

    2020年11月30日

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
    会長 鍋谷 圭宏
    千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長/NSTチェアマン
    千葉大学医学部臨床教授

第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2021)の開催について(第2報)

     昨今の新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に関しまして、全国的に未だ先を見通せない状況が続いております。そのため、慎重な協議を重ねました結果、第36回学術集会JSPEN2021は、神戸での現地開催を維持したうえで、ご自宅や勤務先からでもインターネットを利用したオンライン配信で視聴参加できる「ハイブリッド開催」とすることを決定いたしました。この方式により、当日現地参加が難しい先生方にも発表・参加いただけます。

     未だ多くの医療スタッフが新型コロナウィルス感染症対応で多忙な臨床業務に従事し、出張等の移動が困難なご施設も多々ございます。そして、本学術集会のような大規模イベントの開催については政府の方針として現在制限がかかっています。しかも、開催予定が冬であることから、今後一時的な感染の消退があっても再流行の可能性があり、開催時点の見通しが立たないことは変わりません。また、毎年この季節ではインフルエンザ感染も念頭におかなければならず、これらの社会情勢が来年2月に一気に改善して皆様を安全に神戸にお迎えするのは厳しいと考えました。何よりも、本年に続いて来年も、多くの栄養療法に携わる方々が一同に会せないことは大変残念でありますが、医療従事者の集団としての社会的責任を鑑み、このような判断となりましたことをご理解いただきたく存じます。

     具体的には、現地開催部分は企画の見直しを行って一部縮小いたしますが、インターネットによるオンライン配信を併用した開催形態を予定しています。神戸の現地会場としてポートピアホテルのみを使用し、WEBのみのセッションと併せ、できるだけ多くのセッションをそのままライブ(現地中継)でオンライン配信します。さらに、現地開催できなかった部分も加えた形で、採用された発表をJSPEN2021学術集会アーカイブとして会期終了後も一定期間オンデマンド配信して可能な限り討論の機会を作る計画としております。もちろん、JSPEN2021の現地開催が全く困難な状況になった場合は、急遽完全WEB型の開催とせざるを得ない場合もございます。

     こうした事情のため、毎年学術集会時に併施しておりました「受験必須セミナー」ならびに「更新必須セミナー」は、現地神戸での開催は行いません。今年実施しましたオンライン配信の実績を踏まえ、2021年の各種セミナ―開催については協議中でございます。また、学会参加によるクレジット付与とその条件につきましても、現在検討中でございます。

     JSPEN2021のテーマは、「温故知新:栄養療法のこれまで・今・これから」とさせていただいております。図らずも、学会名称変更後のJSPENはその活動が苦難の道を歩んでおりますが、来年のJSPEN2021が、「これから」のwithコロナ時代の学術集会を考える新しい一つのモデルになれればと考えております。今後も現地開催や参加が難しくなる事態が払拭できない状況を踏まえつつ、日頃の研究成果の発信ならびに可能な限り活発な情報交換の場となる有意義な学術集会が開催できますよう鋭意準備に努めてまいります。

     今後、開催時期・開催形態およびセミナーや参加クレジット等についての最新情報は、本学術集会ホームページ・学会ホームページおよび会員様にはメールにて随時ご案内いたしますので、ご確認いただきたいと存じます。

     引き続き皆様のご理解、ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

    2020年9月8日

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
    会長 鍋谷 圭宏
    千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長/NSTチェアマン
    千葉大学医学部臨床教授

第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会の開催について(第1報)

     現在、国内外で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が再拡大しております。本学術集会では予てより従来通りの開催を目指しておりましたが、昨今の全国的な感染の拡がりを踏まえ、2月の開催形態について慎重な協議を重ねております。今年2月に予定しておりました第35回学術集会は急遽集合型開催の中止を余儀なくされ、多くの皆様の発表や討論ならびに聴講の機会が失われました。第36回では可能な限りの機会提供を目指し、様々な状況を想定した複数の選択肢を準備し、新時代に適した開催を目指しております。特に、当日現地参加が難しい先生方にも発表・参加いただけるよう、現地開催を念頭におきながらインターネットによるオンラインを併用した開催形態を考えております。今後も現地開催や参加が難しくなる事態が払拭できない状況を踏まえつつ、従来と同様に有意義な学術集会となりますよう、鋭意準備を進めております。
     つきましては、より多くの先生方にご参加いただきたく、演題募集期間を8月31日(月)まで延長致します。多数の演題のご応募を心よりお待ち申し上げております。
     なお、今後開催時期および開催形態について変更等が生じた場合には、随時、本ホームページおよびメールにてご案内いたしますので、定期的にご確認いただけますと幸いです。
     引き続き皆様のご理解、ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

    2020年7月29日

    第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会
    会長 鍋谷 圭宏
    千葉県がんセンター 食道・胃腸外科部長/NSTチェアマン
    千葉大学医学部臨床教授

最新情報

2021.04.27
オンライン参加登録を再開いたしました。
2021.04.20
抄録を公開いたしました。(事前参加登録をされた方はご覧いただけます。)
2021.04.16
プログラムを7月開催用に更新いたしました。
2021.04.01
TOPページに【重要】オンライン参加登録システム再開のお知らせを掲載しました。
2021.02.26
7月開催改定:スポンサーシップのご案内を更新いたしました。
「WEB展示会」「プログラム集広告・ホームページバナー広告」の新規申込の募集を
再開しております。
2021.01.25
日病薬シールのページに情報を掲載いたしました。
2021.01.22
日病薬シールのページを一時クローズします。
会期延期後の対応はあらためてご案内いたします。
2021.01.20
会期を7月21日・22日へ延期しました。
延期に伴い「参加登録システム」及び「発表データ事前登録サイト」を一時クローズいたしました。
2021.01.15
TOPページに【重要】第36回学術集会(JSPEN2021)開催形式・日程につきましてを掲載しました。
2021.01.06
TOPページに
【重要】第36回学術集会(JSPEN2021)開催形式と参加クレジットについてを掲載しました。
「JSPEN2021開催にあたりまして」(改訂版)を掲載しました。
2020.12.24
TOPぺージに「JSPEN2021開催にあたりまして」を掲載しました。
2020.12.22
オンライン参加登録を開始いたしました。
日病薬病院薬学認定薬剤師制度単位シール受付デスクの情報を掲載しました。
2020.12.18
日程表を掲載しました。
動画作成マニュアルを掲載しました。
2020.12.16
クレジットの案内を掲載しました。
2020.12.15
参加登録の案内を掲載しました。
2020.12.09
プログラムを掲載しました。
2020.12.08
例年同時開催してきた、「NST専門療法士受験必須セミナー」「NST専門療法士更新必須セミナー」は本年は学術集会会期中は開催されません。
2020.12.03
要望演題・一般演題の採択通知と、公募からの主題プログラムへの採択通知を送信いたしました。
メールが未着の場合は、下記のアドレスへお問い合わせください。
jspen2021-abs@congre.co.jp
2020.11.30
開催について(第3報)を公開いたしました。
2020.09.08
開催について(第2報)を公開いたしました。
企業の皆様へ/共催企画ご案内・申込を更新いたしました。
2020.08.31
演題登録を締め切りました。
2020.08.20
募集演題募集期間を8月31日(月)まで再延長しました。
2020.08.12
募集演題募集期間を8月20日(木)まで再延長しました。
2020.07.29
開催について(第1報)を公開いたしました。
募集演題募集期間を8月12日(水)まで延長しました。
2020.07.20
募集指定演題登録を開始いたしました。
2020.07.01
指定演題登録を公開いたしました。
2020.06.15
募集演題登録を開始いたしました。
開催概要演題募集を更新いたしました。
2020.06.08
開催概要演題募集を更新いたしました。
2020.05.21
企業の皆様へ/共催企画ご案内・申込を公開いたしました。
2020.05.12
演題募集を公開いたしました。
2020.05.12
開催概要にプログラムを掲載いたしました。
2020.05.12
メニューバー下に「ポスターダウンロード」を追加しました。
2020.04.14
ホームページを公開しました。
 
 
 
 

第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会